特急オホーツクを見て

先日、札幌に向かう列車を待っている際に特急オホーツクの通過があったのですが、ふと見ると、遠軽方先頭車両にキハ183-104が使われていました。(下記写真は札幌駅にて)

キハ183-104正面(札幌駅)

キハ183-104側面(札幌駅)


塗装自体がオホーツク色であるため、色的には中間車に入っていたHET183の方がアンバランスでしたが、スラントノーズに慣れているため、この車両が使われていると結構違和感があります。

石北本線における高速化非対応のため、未だに110km/hのキハ183系の運用がある特急オホーツクですが、将来的に予想される札幌エリアの一層の高速化からも、今後の車両運用が気になるところです。

2007/05/29 23:24 | Category:鉄道 | Comment:0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください