野幌駅南口広場の供用開始について

野幌駅南口広場・駅舎側出入口函館本線 野幌駅周辺においては、高架化に関連する「江別の顔づくり事業」の一環として、野幌駅南口広場の整備工事が行われていましたが、本日2019年(平成31年)3月22日から南口広場の供用が開始されました。

南口広場はタクシー乗り場およびバス乗り場の他、一般乗用車ならびに身障者用車両の乗降場のあるロータリーとなっており、ロータリーの中心付近にはレンガが用いられたモニュメントが建てられています。また、野幌駅の駅舎南口からタクシー乗り場・身障者車両乗降場までと2ヵ所のバス乗り場にはシェルターが設置されています。なお、ロータリー内は一方通行であり、南側の市道・1号線から出入りする形となっており、ロータリーから旧鉄東線方面へは進入禁止となっています。

この広場内においては駅利用者が休憩できるような立席用のベンチが数ヵ所に設置されている他、ヤマモミジやナナカマドなどの木も植えられています。

野幌駅南口広場野幌駅南口・バス乗り場

野幌駅南口横・駐輪場なお、バス乗り場は本年4月1日のダイヤ改正に併せて運用が開始される予定であり、駅舎に近い「のりば5」がジェイ・アール北海道バス、その隣の「のりば6」が夕張鉄道(夕鉄バス)の乗降に使用されます。

また、南口広場の西側には駐輪場も整備されており、近日中に利用できるようになると思われます。そして、今後の野幌駅南口においては、南口広場に隣接して宿泊施設を併設する市民交流施設の建設が進められており、宿泊施設については本年(2019年)12月の開業が予定されています。

2019/03/22 17:04 | Category:鉄道 | Tag: | Comment:0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください