SLニセコ号に乗ってきました

SLニセコ号(函館本線 小沢駅)昨日(2010.10.16)、秋季限定で札幌~小樽~倶知安~蘭越間を走行するSLニセコ号に乗車してきました。

SL乗車自体は昨年12月のSLクリスマスin小樽号以来でしたが、SLニセコ号は2005年以来5年ぶりなので、乗車前から楽しみでありました。


SLニセコ号内装 ニセコハロウィン2010
SLニセコ号内装 ニセコハロウィン2010

乗車した10/16(土)は当日行われるニセコハロウィン2010の宣伝のため、カボチャなどハロウィンをイメージした車内内装の他、仮装したスタッフによる絵はがき・チラシの配布がありました。スタッフさんの中には道具を使ってパフォーマンスをする人もいて、見ていて楽しませてもらいました。

SLニセコ号(函館本線 余市駅)

小樽に到着するとすぐにDE15形機関車の切り離しが行われ、C11 171が先頭になると大勢の人がSLの前に集まり、記念写真の撮影などが行われていました。

また、余市での10分停車の際にはSLが黒煙を上げる様子を眺める事も出来、気づけば目一杯すすを浴びていました。


クリームぜんざい&アップルパイ カップアイス&クッキー
クリームぜんざい&アップルパイ カップアイス&クッキー

小樽からはSLによる運転を感じる事になりますが、今回は「沿線名物スイーツ」も併せて楽しんでみました。

まず小樽出発時にあまとう「クリームぜんざい」を購入、30分ほど自然解凍する必要があったため、余市到着後に食べる事に。そして、余市ではホームで立ち売りしていた「アップルパイ」。
また、倶知安からはニセコ・ミルク工房「カップアイス」も食べ、スイーツの美味さにとても満足しました。(写真のクッキーはニセコハロウィン2010からの配布品)

当日の乗客は札幌駅出発時点では6~7割程度でしたが、小樽からは満席に。そして倶知安で降りる乗客が多かったのですが、自由席区間となる倶知安~ニセコ・蘭越のみを利用するツアー団体客も多く見られ、SL人気の高さを感じました。

今回は上り運転だけの乗車でしたが、「列車に乗る楽しみ」というものを改めて感じる事が出来ました。次に乗車する時は山線沿線の探索や下りのSLニセコ号に乗りたいと思っています。

2010/10/17 23:22 | Category:鉄道 | Comment:0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください